toggle
2021-12-18

オアシスのような彼。我が道を行く彼。


むせ返るような暑さも和らぎ、肌にまとわり付く道着をすり抜ける秋風が、心地よく感じられるころ、彗星のように現れた彼。聞けばアメリカの大学からの留学生だという。私は思わず「え?では逆輸入ってこと?」と聞いて、微笑んだ彼・・・彼の側にいると心地よい風に心が洗われる感じがした。子供達はすぐに彼の側により手をつないだ。彼の優しさが身体で理解できるのだろう。オアシスのような彼。そして我が道を自らの手で切り開こうとする彼。そんな彼を私はずっと応援したい。

彼がインターナショナルスクール長野を訪れたときのもようをリンクしました。
ぜひご覧ください。
https://isnedu.org/category/news/interview/shimizu/

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください