toggle
2021-09-25

すぐ聞くことのすすめ

私は、昔も今もわからないことはすぐに人に聞きます。あるいは現在ならすぐにGoogleります。
道場では最初に長い説明をせず、一度だけ技をします。なぜ一度しかやらないかといいますと、人は一番最初の印象がとても大切だからです。長い説明より、最初に受けたインスピレーションがとても大切にしたいと考えています。また、そうすることにより、脳に定着しやすいのも事実です。2つ目は、「わからない人はすぐに聞いてください。」といいます。わからないことはわかる人に聞いた方が手っ取り早いし、自分のわからないことだけ聞けるからです。しかし、私にも経験がありますが、「そこはわかっているんだけどなぁ~。」というところをくどくど説明する人もいますが、そこを見分ける力をつけるのも聞く力のひとつです。
また、ここはなんとしてもわかりたいなぁ~と悔しく思うことが、合気道またはその教科が好きになった証拠です。なぜなら自分自身が上達していることがわかると、さらに上達しようと自然に理解の意欲が増すからです。これから受験勉強をしなければならない皆さんも、時間を有効に使い、わからないことはすぐに先生をつかまえて、教えてもらいましょう。指導する側の喜びは、聞いてもらえることなのです。また、出来なくて悔しいという思いが強い事こそ、貴方の得意なこと、または教科なのかもしれません。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください